NEO OIRAN HALLOWEEN

DATE: Thursday 10月29日,2015年

TIME: 21:00 ~ LATE

PRICE: FEE: 1000YEN/1D ★受付後も花魁への移動はOK

GENRE: しぶや花魁 × LOUNGE NEO

ARTISTS: VENUS KAWAMURA YUKI, ナマコプリ, あさちる, Taichi Master, DJ DON, MC RyN, ARATA NAKAMURA, dj sleeper, has, U NGSM, Sakiko Osawa, Isao a.k.a. Lucas, Yasuo Haruyama, 店長鈴木 a.k.a 鈴木将(スー).

来場の際の、紛失物に関しての責任は一切負えませんので、予めご了承下さい。 club time イベントの20歳未満の方のご入場は固くお断りしております。ご入場の際には写真付きの身分証明証の提示をお願い致します。 尚、男性の方のサンダル類でのご入場はお断りさせていただきます。

2015年のハロウィンを道玄坂・円山町で過ごしましょ。

魅惑のWarm Up Spot【しぶや花魁】と平日Loverの集結地【LOUNGE NEO】が
ハロウィンにかこつけて木曜日の夜をメイクします。

ラインナップは言わずもがなな強力布陣。
ぜひ両店舗それぞれの味の染み出た夜をお楽しみください。


≪しぶや花魁≫
http://www.oiran.asia/

【LOUNGE NEO】SIDE -21:00 OPEN-
LIVE
◆ ナマコプリ
◆ あさちる

DJ & MC
◆ VENUS KAWAMURA YUKI
◆ ホワイトタイガー
◆ タイチマスター
◆ DJ DON(新宿ドゥースラー)& MC RyN
◆ ARATA NAKAMURA
◆ dj sleeper (りんご音楽祭/瓦RECORD)
◆ DJ加賀温泉
◆ has (FLIGHT TOKYO/BOUNCE UP)
◆ U NGSM
◆ kagi△seiko

FOOD
◆ 新宿ドゥースラー


【しぶや花魁】SIDE -20:00 OPEN-
DJ
◆ Sakiko Osawa
◆ Josh Bess
◆ Isao a.k.a. Lucas
◆ Su-3 (LOUNGE NEO/Glad)
◆ Haru (TCBC/LOUNGE NEO)


★ しぶや花魁はキャッシュオンシステムでの営業です。
★ LOUNGE NEOでの受付時にもらえるリストバンドで両店舗行き来は自由。

VENUS KAWAMURA YUKI

Group: OIRAN MUSIC

Country: 東京

Genre: Balearic

DJ&プロデューサー。バレアリック・スタイルDJとしての感覚を活かし、2010年に渋谷道玄坂にウォームアップバー「しぶや花魁 shibuya OIRAN」をオープン。世界各国より多くのゲストが訪れるスポットとして話題となる。同時にカワムラユキとして作詞家&作家としても活動。日本語詞を担当したLONDON ELEKTRICTY ft. AMWE「ロンドンは夜8時」は、WASABEAT AWARD「BEST DOMESTIC TRACK」を受賞する。 2011年7月には歌詞アクセスチャート1位を獲得。新世代のクラブ・アンセムとしてスマッシュヒット後、ゲーム「DANCE DANCE REVOLUTION 2013」に起用された。2011年よりダンスミュージック専門インターネットラジオ局 block.fm「shibuya OIRAN warm up Radio」(毎週金曜20時)Kiss FM KOBE「港神戸は午前4時」(毎週土曜28時)のナビゲーターを務める。著書に「アスファルトの帰り道」(Sony Magazines)など。90年代に「SOUND COLLECTION」のプロデューサーとして活動後、2001年に「灼熱」でCDデビュー。10万人を前にプレイを披露したLOVE PARADE MEXICO 2003、DRESS CAMPのショー音楽演出、Madonna+Steven Klein@LOUIS VUITTON roppongi Hills Store、香港HI-TEC、パリのBatofar、IBIZA島のamnesia、OVA、Natural High、りんご音楽祭、加賀温泉郷フェス、渚音楽祭、2.5D、DOMMUNEなど国内外の多くのシーンに登場。2008年にはリゾートでの男女をテーマに、短編小説付CD「inner Resort HOMME/FEMME」(s2s/avex) 6枚リリース。アッパーなテクノからメロウなチルアウトまで様々な景色を繋ぎ続けている。2014年にミュージック・ブランド「OIRAN MUSIC」を設立。新世代のDJクリエイター「Sakiko Osawa」世界配信デビュー作、芸術家アイドルユニット「ナマコプリ」をプロデュース。iTunes エレクトロニックチャートにて2位をマーク。2014年4月9日には、6年ぶりにコンパイルを担当したCD「shibuya OIRAN warm up music Compiled by VENUS KAWAMURA YUKI」(ULTRA-VYBE)をリリースした。 公式サイト http://vky.jp/ ブログ http://numero.jp/yukikawamura/

ナマコプリ

Group: OIRAN MUSIC

Country: 日本

Genre: 芸術家アイドルユニット

世知辛い世の中で「愛と癒し」をテーマに活動中のナマコラブと、マコ・プリンシパルによる芸術家アイドルユニット。 2011年の結成後は個別のアート活動と並行して、逗子メディアアートフェスティバル、yamashiroアートマーケット、シブカル祭、会田誠天才でごめんなさい(森美術館)、代々木カリー(代々木VILLAGE)、新宿眼科画廊での展示やCM動画の制作など、多方面にて活動中。 展覧会のオープニング・パーティなどで「お遊戯会」と題したライブ・ペインティング、活弁、歌をミックスした独自のステージを披露する機会が主な活動の場だったが、最近は音楽シーンにも活動の幅を広げ、2014年5月に初のオリジナル音源「ナマコプリのトラップ」(OIRAN MUSIC)で配信デビュー。その後はDOMMUNE、block.fm、2.5D、りんご音楽祭、加賀温泉郷フェス2014(feat. HELクライム)など多くのフェスやネットメディアに出演。TREKKIE TRAXやAttack The Musicなど、国内外の人気ネットレーベルクルーがリミックスを提供した最新作「あったらいいな JAPAN」に続き、チルウェイブな最新曲「やっぱりタイランド」をリリース。 OIRAN MUSIC所属。

あさちる

Group: Play decibel

Country: JAPAN/TOKYO

Genre: Technopop

京都府先斗町出身。老舗おばんざい屋の娘。 奇抜で独特な「ジャパニーズ kawaii ファッション」と、のどちんこが2つある 特殊な声質で繰り広げるはんなり京都弁トークを武器に、歌・MC・モデル等様々な活動で人々や世の中を明るくするキャラクター的アイコン。 http://www.playdb.net/artist/asachill.html ------------------- 【活動履歴(2014-2015)】 •TRIGGER Inc.最新アニメ作品、今石洋之監督「SEX and VIOLENCE with MACHSPEED」主題歌担当。(2015年キングレコードより発売) •テレビ埼玉 アイドル番組「ウタ娘」のメインMCを担当。 •写真家 加藤正憲氏の公式モデルとして、数々の作品撮りをする。 •写真家 米原康正氏のweb magazine 「Mis′eye mag」公式ブロガー選抜。 •KASICO氏プロデュース 新感覚グラビア「グラフィックガール」モデル選抜。 •Tokyo Fashion.comにピックアップ。9700人の支持を集める。 •Fashionsnap.comにピックアップ。8000人の支持を集める。 【LIVE出演】(一部抜粋) •「渋谷芸術祭」at 渋谷駅ハチ公前ステージLIVE •「CLASH × GAN-BAN NIGHT SPECIAL」at 新木場ageHa • ☆Taku Takahashi主催「インターギャラクティック」at SOUND MUSEUM VISION •「EDM MUSIC FESTIVAL」at 渋谷WOMB •「Ligand」at Live&Bar 11 (大阪遠征ゲスト出演) •「so much!!」at LAB.TRIBE(京都遠征ゲスト出演) 【雑誌】 •#N (ミリオン出版株式会社) •FLUiTS(ストリート編集室) •フォトテクニックデジタル(玄光社) •男子専科(株式会社 ぶんか社) 【ラジオ番組】 •ラジオNIKKEI 「ウタ娘@ラジオ」 •block.fm 「shibuya OIRAN warm up Radio」 •エフエム京都 α-STATION 「kmfREDIO」 •shibuya-FM 「shibuya➕α」 【各種アカウント】 •Instagram @ASACHILL •Twitter @asachill065 •BLOG「CHILL TIMEZ」 http://ameblo.jp/asachillchill •Mi's eye Mag/ http;//mis-mag.com

Taichi Master

Group:

Country:

Genre: HipHop / Electronica

1973年生まれ/東京都出身 中学生の頃Beastie BoysやPublic Enemyなど初期Def Jamのヒップホップに衝撃を受け、学校の同級生だったMCU(ex.KICK THE CAN CREW)、DJ TATSUTAと3人でヒップホップ・ユニットRADICAL FREAKSを結成する。高校入学と同時にサンプラーを購入。ヒップホップをベースにしながらも、打ち込みによるトラック制作に夢中になりダブやエレクトロに強い影響を受けた楽曲を一人で作り貯めるようになる。21歳のときに一本のデモテープがきっかけでCMJK(ex.電気グルーヴ)のユニットCONFUSIONにサポートメンバーとして参加、そのまま美大を中退しプロとして音楽の道へ進む。当時はTA-1という名前で活動していた。’95年、ライターをしていた音楽雑誌ele-kingの協力のもとLASTRUM傘下にインディーズ・レーベルadjustmentを立ち上げ、KREVAが在籍していたユニットBY PHAR THE DOPESTやKICK THE CAN CREW、アルファらを続々とデビューさせ日本のヒップホップ・シーンに多大な影響を与える。’05年、ケツメイシRyojiやライムスター宇多丸、ハナレグミ、MEG、LITTLE、G.RINAなど多彩なゲスト・ボーカルを迎えた自身初のオリジナル・アルバム「DISCO-NNECTION」を東芝EMIよりリリースする。その後も数々のアーティストのサウンド・プロデュースやリミックス、アニメのサウンド・トラック制作などで精力的に活動中。 http://taichimaster.jp/about/

DJ DON

Group: Shinjuku DUUSRAA

Country: JAPAN

Genre: JUNGLE RAVE FootworkJungle

★DJ DON (新宿ドゥースラー) 1999年に【DON】名義でDJ活動をスタート。JUNGLE主体のBASS MUSIC DJ &TRACK MAKER。 2002年よりJUNGLE MUSIC EVENT【CHAMPION BASS】を始動。2006年にはMIX CD【BUST IT UP】をリリース。 JUNGLE MUSICの金字塔CONGO NATTYの来日公演に2006年、2009年、2014年と連続で出演。 2010年1月にカフェバー&サウンドスペース【新宿ドゥースラー】をオープン。 2012年11月、 MIX CD【13 Years Junglist】をリリース。僅か半年で500枚を売上げ好評を博す。 2014年には【VA - Soundgram 3rd Anniversary Compilation】に楽曲提供。 RAPBRAINSにトラック提供や豆尖にREMIX製作などHIP HOP界隈にも活動を広げている。 現場では自身の曲やダブプレートなど様々なフォーマットの曲を操りフロアを盛り上げ続けている

MC RyN

Group:

Country: Tokyo/JAPAN

Genre: Party

パーティーに華を添える血統書付きのプッシー。 台湾生まれ、日本、アメリカはLA育ちの日英中3ヵ国語を話すトリリンガルMC。 2009年よりダンサーからMCに転身。クラブイベント/パーティーを中心にダンスバトルから結婚披露宴まで多種多様な現場での司会進行や『THE MUSIC TRAVEL』等のCMナレーションを務めている。 2012年-2014年にはパーティーユニット「Glocal Pussys」のMCとして活動した後、現在は司会業と並行してBass Musicを主体とした様々なDJのサイドMCとしてもマイクを握る。 また近年ではMC RyN Fantabulous名義で、P-VINE RECORDS『V.A-FRESH EVIL DEAD』や BASS MUSICコンピレーションアルバム『新宿BASS』に自身の歌う楽曲参加をはじめ、TAKUMA THE GREAT 2nd Album『THE SON OF THE SUN』、RAP BRAINS 1st Album 『満員御礼』の客演参加など、歌い手として楽曲制作にも積極的に取り組み活動の幅を広げている。 その抜群の存在感とローヴォイスの上で踊る情熱的言葉たちは多方面にインパクトを与えている。

ARATA NAKAMURA

Group: TO GOTHICS / GIZMO KILLED THE STRIPES

Country: Japan

Genre: Electro / Tech / Rock / Big Beats

16歳でSEX PISTOLSに影響を受け、音楽とファッションとカルチャーの関係性に興味を持ち、音楽活動を開始。ドラマー、コンポーザーとして多数のバンド活動の中、2004年に自身が主催するイベントでのプレイをきっかけにDJとしての活動を開始。ハウスミュージックを基軸に、民族音楽やジャズ、ビッグビートまでも取り入れた雑食とも言えるそのプレイスタイルは "人間とアート" をコンセプトにすることにより独自のファッション性と世界観を創る。2009年以降はロックやスカ、レアグルーヴなどを取り入れたオールミックスやラウンジスタイルにも力を入れ、企業パーティーやレセプションなどにも度々招待される。オーガナイザーとしても定評があり、アングラカルチャーとの共存を意識した『TO GOTHICS』は平日ながらも300名を超える動員数を誇り、同名をサブタイトルにしたセカンドラインでは様々なビッグパーティーのサブフロアをサポート、他とは一線を置くそのコンセプティブな内容は各種メディアからも注目される。2011年からはMasaaki Yaguchi(1979/MUCC)とのDJユニット『GIZMO KILLED THE STRIPES』としても活動を開始し話題を集める。 http://aratanakamura.blogspot.com http://iflyer.tv/gizmokilledthestripes Booking Contact : to.gothics@gmail.com

dj sleeper

Group:

Country: 瓦RECORD

Genre: HOUSE

●dj sleeper● 音楽のジャンル?はて、知りません。 クローゼットにあらゆる翼を仕込み、鳥になって空から街へ、山から海への大移動。 マジカルでミステリーな旅へと、ひとをも連れ出すのが趣味なのです。 未体験の景色を見るため魅せるため、自らパーティーオーガナイズ中。 http://sleeper.seesaa.net/ ●瓦RECORD● 一軒家にでかいスピーカーとターンテーブルを入れてひとが集まるところを作っています。 用途はいろいろ。二階には布団と座ぶとんが。 レコード屋・クラブが基本体勢。 ミラーボールとお酒と音楽と畳と靴下で、無害で有益な光科学反応起こしていきます。 可能性は∞、君次第、気にしない。 http://www.geocities.jp/kawara_record/ ●りんご音楽祭● http://ringofes.info

has

Group: FLIGHT TOKYO

Country: ToKyO

Genre: BASS MUSIC, FUTURE BEATS, HOUSE.

フェスとテキーラに悪影響を受けてDJキャリアをスタートし、東京のレーベルFLIGHT TOKYOに所属。 世界最先端のBASS MUSICやFUTURE BEATSを中心に様々なジャンルをプレイ。 自身がオーガナイズするパーティ「BOUNCE UP」は 東京のストリートとポップカルチャーを牽引するアーティストが集まるクロスオーバーな世界観で他のパーティとは一線を画する。Yahoo、ナタリー、Qetic、2.5d等の各種メディアにも毎度掲載されメディアだけでなく関係者からも注目を集めている。 2014年には留学先のカナダ・トロントでのクラブシーンでの現場感を吸収し、トロントでDJも経験。 帰国後の2015年は都内を中心に精力的に活動しており、SHIMOKITAZAWA Sound Cruisingなどのフェスにも出演して活動の幅を広げている。

U NGSM

Group: NU:DE

Country: JAPAN

Genre: DJ & PATISSIER

“水辺で聞きたい音楽を注水するクラブイベント”SWIMS主催 本業gateaux designer フランスのカルチャーに多大な影響を受けており、DJにもそのニュアンスが垣間見える disco,indie dance,future funk,city popといったジャンルを中心に構成するスタイルは 派手に踊らせる事とゆったり音楽を楽しむという両極にある要素の間を取るsplit the differenceするという事をテーマとして据えている

Sakiko Osawa

Group: OIRAN MUSIC

Country: TOKYO JAPAN

Genre:  

気鋭のテクノ系DJ&クリエイター 2014年2月に、音楽ブランド「OIRAN MUSIC」のプロデュースで、アムステルダム ” 7 Stars Music ” より「Tokyo Disco Beat EP」でデビュー。 数多くのクラブやバー、映画館、シアターなどが集結する「愛と文化の街」こと渋谷・道玄坂でカルチャーの交差点として機能し続けているウォームアップバー&レストラン「しぶや花魁」を根城に創作活動を展開している。 幼少時にヴァイオリンとピアノを習得。中高生の頃にミクスチャーロックやパンクに傾倒しバンドを結成、エレキベースを担当する。日本大学芸術学部 音楽学部 情報音楽コースに進学後は音響学、レコーディング、メディア・アートを学び、8つのスピーカーを使用した独自のサラウンドシステムを研究。20歳の頃にレイヴカルチャーや電子音楽に出会い音楽制作を始める。大学院卒業後はプロジェクション・マッピングや映像ディレクション、Ustream配信の技術を身につけ、常に三角形モチーフの洋服やアクセサリーを身につけるなど、音楽だけにとどまらない様々なアプローチを表現の中に取りいれた。その後、友人の誘いで新たな渋谷系カルチャーの発信地として世界各国から多くのゲストが訪れるウォームアップ・バー&レストラン「しぶや花魁」にてライブセットを披露。「しぶや花魁」プロデューサーでありDJ&作詞家のカワムラユキに見いだされ、ダンスミュージック専門インターネットラジオ block.fmにて毎週金曜20時からO.A中の人気番組「しぶや花魁ウォームアップレディオ」にゲスト出演を果たし、スリリングでソリッドでありながら新たなジャパニーズ・ビューティを感じさせる独自の世界観に多くのリスナーが魅了され「Sakiko Osawa」の名が知られる切っ掛けとなる。現在、ファッション x 映像 x 音楽がミックスされた新しい活動形態を創造するべく 東京- アムステルダムと世界の壁を越えて、精力的に作品をリリース予定。 2013年2月に、ミュージック・ブランド&アート・プロジェクト「OIRAN MUSIC」のプロデュースで、アムステルダム ” 7 Stars Music ” より「Tokyo Disco Beat EP」でデビュー。リリースと同時に、iTunes エレクトロニック アルバムチャートにて2位を記録。 その後、4月発売のコンピレーションCD「shibuya OIRAN warm up music」(ULTRA-VYBE)にて、ナマコプリとサオリリスのボイスをフィーチャーした新曲「Welcome To Tokyo」、SYSTEM 7「Positive Noise(Sakiko Osawa’s OIRAN MIX)」を提供。6月19日には「Gimme Action ft. Saga Bloom EP」の世界配信リリースが決定!「衰退する渋谷カルチャー」に対するメッセージとアクションを込めたコンセプト映像作品を制作。音楽をSakiko Osawaが、監督は気鋭の映像作家のショウダユキヒロが担当し大きな話題となる。 http://oiranmusic.com/sakikoosawa https://soundcloud.com/sakikoosawa photo:YUTO HITACHI

Isao a.k.a. Lucas

Group:

Country: 日本

Genre: Deep House, Club Jazz, Classics, and more

学生時代よりDJ及びライターとしてのキャリアをスタート。その後はセレクトCDショップのオーナーとしても活動。レコード会社のA&Rとして培われた経験豊富な知識と、ジャンルの垣根を越えた独創性に溢れたプレイには定評がある。 ディープ・ハウスを中心としながらも、ジャズ、クロスオーバー、ダンスクラシックス、R&B、テックハウス、テクノ、インディー・ダンスなど、独自の感性のフィルターを通した選曲は幅広く、特にラウンジの選曲に関しては多くの著名なDJ達からの信頼が厚くオファーが絶えない。またラジオ番組「音楽自由区」や「BLOCK.FM」での選曲やDJミックスショーが好評を博すなど、己の選曲感の活動範囲を広げ続ける日々。 現在は毎週木曜日にしぶや花魁でのdoyaikes! lounge、代官山Air、渋谷moduleでのDJ YUMMY主宰のDONUTZ、西麻布elevenで、Yellowの頃から8年も続くパーティーDYNANITE、渋谷clubasiaでのHouse Attackなどでプレイを披露中。完全現場主義のミュージック・ラヴァー&リアルDJ。 Facebook : http://www.facebook.com/def130 Twitter : http://twitter.com/Isao_aka_Lucas

Yasuo Haruyama

Group:

Country: TOKYO

Genre: HOUSE/TECHNO

幼少期に聴いたスチャダラパーに衝撃を受けリズム隊に興味を持つ。 小学生の頃に音楽室にあったドラムで遊び始め16歳からドラマーとしてのキャリアをスタート。 20歳の時に単身渡米。LAにてバンドを開始すると同時にバンド系イベントオーガナイズも始める。 Roxy TheaterやWhiskey a go goへの出演を果たす。 DJとしてのプレイスタイルはDEEP HOUSEを基軸に様々なジャンルをパッケージング。 またアパレル関係にいることもありレセプションやストアDJでの経験からLOUNGE系のセットも得意としている。

店長鈴木 a.k.a 鈴木将(スー)

Group: Glad / LOUNGE NEO

Country:

Genre: 店長

GladとLOUNGE NEOの店長。 中学校社会教員免許保持。 既婚。

Flyer Takeout

CELLPHONE : Take THIS FLYER with you! Simply scan in the QR code on your mobile phone or supply your email and get it sent to you!

@